自動車事故は己だけの自損事故と誰か別の人が関わった事故が存在します。自損事故の場面では事故対応が済めば完了しますが、第三者に迷惑をかけた車の事故はお互いにどれくらい不注意があったのかを調査して、この結果によってマイカーの修復のお金が和解金の金額等が決定されるので、保険会社の有識者と一緒の相談が欠かすことが出来ません。一般的な自動車での事故の場合、それぞれに間違いがある状態が大多数で片方だけの間違いを言及する場合は少ないようです。無論赤信号で進んでしまった、一旦停止無視などによって起きた事故はかなり重大な責任がありますが、被害者にもミスがあったと判断されます。自動車の事故のケースではどの車の間違いが原因かという判断がすごく焦点にされますのでそれを数字で示したのが「過失割合」(過失割合)というものです。仮定として、先ほど記述した信号を無視してしまったり一時停止を無視した場面ならば、法律のルール上相手にすべてのミスがあると考えられますがその車が前の方からこちらに向かってきていて目で確認できる時だと被害者側も注意不足として10%程度の間違いがあると言われる事もあります。よってその場合には事故を起こした方が9割自分1割の過失と言われ間違いが大きい方に大きなミスが問われるのです。自動車事故の過失の割合過去の事故の判例を目安として結論付けられるケースが往々にしてあり日弁連の交通事故相談センターから示されている基準となる表が基準として利用されています。この過失の数字が大きければ大きいほどミス、結果として損害賠償金も大きくなってしまうので事故に関する話し合いは本人達だけでなく保険屋さんの係りの方と一緒にきちんと相談する事が重要です。

Copyright © 2002 www.rubysfamousbbqjoint.com All Rights Reserved.